補聴器とは?

補聴器の役割

補聴器とは、難聴による聞こえの問題を解決することを目的とした音の増幅器です。単純に音を拡大するだけでなく、必要に応じて不要な雑音をカットするなどして聞こえやすさを追求しています。
難聴は、老眼などと同じでお年を重ねていけば誰にでも起こりえることです。
現在、補聴器は、日々、進化し、より小さく、デザインも多彩になっておりますので、ご自身に合った補聴器で快適な生活をお送りください。

補聴器のしくみ

聴力が低下した人や難聴の人の「聞こえ」を補うことが補聴器の基本的な役割です。
そういう意味では、補聴器は、"入って来た音を大きくして伝える"機能を持った器械ということがいえます。
さらに補聴器は、単に入って来た音を大きくするということだけではなく、入って来た音を加工して聞きやすくするという機能も持っています。
音を加工することによって、うるさいと感じる音を抑えたり、不快に感じる音をできるだけ不快に感じないようにしたりすることができます。
補聴器のしくみをひとことで表現すると、〔マイクロホン〕で音を集めて、〔アンプ〕で音を増幅し、〔スピーカー(レシーバー)〕で音を発生させる、ということになります。このしくみを電池と一緒にあの小さな本体の中に詰め込んだのが補聴器なのです。

補聴器の種類

耳あな型

耳あな型補聴器はオーダーメイドタイプ(人それぞれに異なる耳孔の形状を測定し、作ることで優れた装用感を得られます)が主流。聞こえも形も、使う人に合わせて仕上げるので、より快適な装用感と、自然な音質を体験できます。

耳あな型補聴器 おすすめ機種(クリックで拡大)

耳かけ型

耳の後ろにかけて使います。小さく、軽く、耳にぴったりフィットするので装用感も実に快適です。

耳かけ型補聴器 おすすめ機種(クリックで拡大)

ポケット型

力強いパワーと豊富な音量感。イヤホンで聞くタイプです。電池のもちがよいのも特長です。

ポケット型補聴器 おすすめ機種(クリックで拡大)

補聴器の価格は機能によって様々です

補聴器には、30,000円位から、両耳で700,000円位までと大きな価格の違いがありますが、雑音を抑えて言葉を聞き取りやすくする、ハウリングを抑える、きめ細かく調整できる、耳の穴の形状に合わせてひとつひとつ作られるオーダーメイドなど、より聞き取りやすくするための機能や快適に使うための機能など多くの違いによります。同じ形状の補聴器でも、搭載されている機能が多いほど価格は高くなります。また、使う人の聴力や聞こえの状態に合っていれば、価格の低い補聴器で快適に聞こえるという場合も珍しくありません。
通販などで紹介されている『集音器』には、補聴器のような機能は搭載されておらず、機能・音質面での差はかなりあります。

補聴器は両耳装用が効果的

人間に備わった左右の耳。この両耳に補聴器をつけることで、より自然な聞こえが得られます。音の方向感覚がつかみやすく、騒音下での聞きとりも快適。耳への負担も軽減されます。より自然な聞こえが得られますので両耳装用をお薦めします。

両耳で聞く五つの利点

  • 聞こえの範囲が広がる。
  • 音の方向が分かる。
  • 音の動きがわかる。
  • 片耳より小さい音を聞くことができる。
  • 騒音(雑音)の中から聞きたい音を選び出しやすい。